トップページ > 精密樹脂成形品

精密樹脂成形品Precision resin molded article

精密樹脂成形品Precision resin molded article

無給油チエイン用ローラーのスリーブ

PEEKを使用して全長30mm、外径11mmで肉厚が 0.48 mmという成形を実現したもの。ゲートカットの問題もあり、非常に難易度の高い成形である。  ARBURG (ドイツの精密射出成形機メーカー)の成形機を駆使した成功例である。

射出成形(熱可塑性樹脂)
射出成形(熱可塑性樹脂)

 

  • 使用樹脂: PEEK450G
ページトップへ戻る

端子ホルダー

電磁バルブに使用される超精密部品。成形後、肉眼で見えるか見えないかというレベルの4箇所の爪に、 0.5mm 角の変形端子を組み付けている。爪の高さが 1/100 mm違っていても組み付けた後の端子保持安定感が変わってくるという非常に難しい技が必要な製品である。

射出成形(熱可塑性樹脂)
射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:PBTガラス30%入り

ページトップへ戻る

電磁バルブ用のリード弁ホルダー

電磁バルブに使用される超精密部品。 突き出しピンの使用数に限界があり、製品の離型抵抗を少なくするため、サイドコアをスライドさせている。 100 分台の寸法精度を保持するため、金型精度や成形時の再現性など、要求されるレベルがかなり高いものになっている。

射出成形(熱可塑性樹脂)
射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:PBTガラス15%入り

ページトップへ戻る

パソコン用充電端子

ニッケルのプレス品をインサート成形している。樹脂の肉厚が薄いため、金具の変形なしに充填させ、バリも出さないという点で、かなり困難な成形品である。成形後は端子先端部をカットする。

射出成形(熱可塑性樹脂)
射出成形(熱可塑性樹脂)

使用樹脂:PBTガラス15%入り

ページトップへ戻る

ギヤー

キー溝を切った機械加工品をインサート成形している。 外形の歯車は斜歯であるため、イジェクトの際にコア側を回転させて取り出している。 材質はナイロンのガラス50%入りということもあり、金型温度を100度以上に設定し、機構部品でありながら外観面も考慮している。

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:ナイロンガラス50%入り

ページトップへ戻る

マニホールドブロック

金属切削品を樹脂化したもの。製品両端部にはネジ形状があり、ネジの先は細い管になっていて外側の穴と繋がる構造になっている。ネジ駒はインサートし、成形直後手戻しする。真鍮のナットは成形後二次加工として熱圧入専用機で圧入している。金型温度が120度以上必要なので、インサートワークの取り扱いに非常に注意を要する製品である。

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:PPS無機フィラー入り

ページトップへ戻る

コンデンサー組み立て用ガイド

ポリエーテルイミド(ウルテム)を使ったインサート成形品。ウルテムのガラス30%入りの成形であるため、成形機の過熱筒及びスクリューにかなりの負担がかかる。弊社では耐磨耗スクリューを使用している。

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:PEI(ウルテム)2400

ページトップへ戻る

業務用ビデオのリール台

機械加工品のリールをインサート成形する。寸法精度が必要であるため、成形の安定が重要なポイントとなる。 弊社は竪型成形機を6台保有しており、その製品のサイズにあった成形機で生産することが容易である。

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:ポリアセタール(ジュラコン)

ページトップへ戻る

鮎釣り用ハナカン、サカサバリ

共釣り用の鮎の鼻に通すハナカンであるため、非常に小さく繊細である。焼きの入った針を金型にインサートし、バネの部分を成形している。針と樹脂部の先端(バネ先端)との隙間が 1 mmもないため、多数個取りの成形を実現するに当たり、インサートは息をのむような慎重さが要求される。

射出成形(熱可塑性樹脂)
射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:ポリアセタール(ジュラコン)

ページトップへ戻る

ステンレスのバネのインサート品

フォーミングされたステンレスのばねをインサートする成形。バネなのでインサートした際少しずれても金型内で跳ね上がってしまい、非常に危険な成形である。バネをどういう順番でインサートすれば最適であるかを見極める必要がある。

射出成形(熱可塑性樹脂)
射出成形(熱可塑性樹脂)

 

 

使用樹脂:ABS、ポリアセタール、ASA

ページトップへ戻る

スピーカ‐用プラグコンセント

4本の真鍮ピンをインサート成形する。金型とインサートワークのマッチングがいいということと、安定した成形ができなければバリになる。また、取り数が4個であるため、細いピンを16本金型に挿入する必要があり、作業者の根気も重要なポイントとなる。

射出成形(熱可塑性樹脂)
射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:ポリカーボネート

ページトップへ戻る

新幹線の座席回転用プーリー

ベアリングをセンターに、そして真鍮のナットを3箇所インサートする。弊社では比較的大きなインサート成形品である。外形がφ 1 30mmほどあり、樹脂容量も多いため180トンの成形機で生産している。肉が厚い上、精度も必要であるという困難な成形をこなしている。

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:66ナイロンガラス30%入り

ページトップへ戻る

肩掛けメガホン用マイクのカールコード

カールコード先端の4芯の芯線に端子を圧着し、それをインサートし成形している。導通検査までし、納入している。コードが軟らかいため、金型との食いきり具合や成形条件にノウハウが必要な製品である。

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:軟質塩ビ

ページトップへ戻る

船舶用通信機器のケーブルジョイント部のボックス

インサートワークの数が12個である。両端の耳の部分はネジの切った成形品を、キャビとコアには合計2種類10個の真鍮ナットを前後左右4方向にインサートしている。

射出成形(熱可塑性樹脂)
射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:PBTガラス15%入り

ページトップへ戻る

船舶用通信機器のモーターケース

これぞインサート成形の極み。5種類14個のインサートワークを使用する。ネジ駒もあるため、成形のサイクル内でネジを手戻しする。インサートを挿入するための案内ピンが目視できない位置にあるため、感覚で作業をしなければならない、非常にリスクをともにする成形である。

重量は300g。

射出成形(熱可塑性樹脂)
射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:PETガラス30%入り

ページトップへ戻る

ボビン

ニッケルのプレス品をインサート成形する。この成形品の場合はプレス品を単に金型にインサートするのではなく、先ず入れ子でインサートワークを抱いて、その入れ子を金型にインサートして確実な成形をする方法をとっている。

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:PBTのガラス15%入り

ページトップへ戻る

ベルト

ベルトの金型との突き合わせやベルトの細かな網もようをそろえるのにノウハウと根気が要求される成形である。

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:ナイロン

ページトップへ戻る

コード

銅線に端子を圧着したものをインサート成形。

コードが軟らかいので金型との食い切り、 成形条件共にかなりの技術が必要。

 

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂: PVC

ページトップへ戻る

プレート

耐薬性の高いオーラムを使用する。

金型温度は180℃、シリンダ温度は410℃にもなる。薄い板状の製品であるが当社の成形技術により反りは測定限界以下である。

 

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:オーラム

ページトップへ戻る

吸着パット

IT業界で必須のガラス板を製造工程で吸着・移動させる為の吸着パット。ほぼ完全な平面で表面温度200℃を超えるガラス板を吸着する為のパット。

吸着されるガラスに負けないくらいの平面性が要求される。金型温度180℃、樹脂温度は400℃を超える。

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:PEEK

ページトップへ戻る

スイッチカバー・ベース

スイッチカバーはポリカーボネイトの透明アイスグレードを使用。

ベースはPET+PBTにガラス繊維を混入した樹脂を使用。成形後にネジをアウトサートするが高い圧力で使われる為、隙間を完全に塞ぐ高度な技術が必要とされる。

 

射出成形(熱可塑性樹脂)

 

使用樹脂:ポリカーボネイト透明アイスグレード

PET+PBTガラス入り

 

ページトップへ戻る
Copyright(C)2012 DAIPLA CORPORATION. All Rights Reserved.