トップページ > 設備・組織

設備・組織Facilities & organization

主要設備facilities

ダイプラが所有しているアーブルグの射出成形機は、竪型にも横型にもなる画期的な物です(270S、320CS)。 横型にして精密成形品を自動成形したり、竪型にして複雑なインサート成形を行ったりと、 製品の特色に応じて自由に使いこなすことのできるドイツが世界に誇る超精密成形機です。 加熱筒は標準装備で450℃まで昇温できるため、PEEKなどのスーパーエンプラもなんなく成形できます。

横型射出成形機

型締 機種 タイバー
間隔
(mm)
デイ
ライト
(mm)
射出
容量
(cc)
最小
型厚
(mm)
ロケート
リング径
(mm)
ノズルR
(mm)
100ton アーブルグ420C 420×420 750 139 250 100 R10
160ton アーブルグ520C 520×520 900 318 250 120 R10
160ton アーブルグ520S 520×520 825 318 250 120 R10
200ton アーブルグ570C 570×570 950 353 300 120 R10
30ton 日精NEX30 290×290 535 23 150 100 R10
50ton 日精NEX50 330×330 610 35 170 100 R10
180ton 日精FN4000 530×530 950 286 250 120 R10

堅横両用式射出成形機

型締 機種 タイバー
間隔
(mm)
デイ
ライト
(mm)
射出
容量
(cc)
最小
型厚
(mm)
ロケート
リング径
(mm)
ノズルR
(mm)
25ton アーブルグ270S 270×270 475 20 200 100 R10
25ton アーブルグ270S 270×270 475 30 180 100 R10
50ton アーブルグ320CS 320×320 550 49 200 100 R10
60ton アーブルグ320CS 320×320 550 49 200 100 R10

堅型射出成形機

型締 機種 タイバー
間隔
(mm)
デイ
ライト
(mm)
射出
容量
(cc)
最小
型厚
(mm)
ロケート
リング径
(mm)
ノズルR
(mm)
50ton アーブルグ375V タイバーレス 450 71 200 100 R10
20ton 日精STX20 タイバーレス 350 35 250 100 R10

測定器

・ミツトヨ光学測定顕微鏡 、キーエンス IM6225T
・デジタルノギス、デプスゲージ、マイクロメーターなど

その他

・RINCO(スイス製)デジタル制御超音波容着機(20khz)
・AMP端子圧着機
・ステンレスや真鍮のビット(インサートナットなど)を成形品に熱圧入する専用圧入機
・成形品に穴をあけるためのボール盤やネジを切るタッパー
・2次加工専用多種冶工具


ページトップへ戻る

当社の組織概要Organization

営業技術グループ 【運営理念】
企画・開拓力と開発・技術力を磨きひらめきを現実とする事で
人々に幸せをもたらし自己と会社の向上に努める


単なる御用聞きではなく、お客様のかゆい所に手が届くサービスを追求しております。
このため、成形だけでなく、金属加工や表面処理など、幅広い知識習得を心がけています。設計や素材、加工法まで、総合的な提案ができるよう精進しております。
プロダクショングループ 【運営理念】
我々は会社の成長と個人の幸福を実現する為に技術・情報を共有しながら 自信を持って心から満足できる製品を作る


最適な加工と管理、技術の向上を日々追求しております。
お客様のお役に立つ事が、自分達の幸福に通じると信じ邁進しております。
品質管理グループ 【運営理念】
常に攻める品質管理グループである事を念頭に置き、
ダイプラ 独自の高品質を武器に会社の発展と自己の喜びを実現します。


適宜必要な寸法測定や、工程品質管理の整備、受け入れ検査など品質管理GRは独立組織として運営されております。
出来栄えだけではない、会社そのもののクオリティを高め維持するために何ができるのかを日々考え取り組んでおります。
プロダクトマネジメントグループ 【運営理念】
社内業務がより円滑に流れるシステムを構築し、
多種多様な要求に迅速かつ正確に対応する


主に量産に対する受発注・納期調整の窓口業務を請け負っております。
少量短納期にお応えできるよう、迅速な対応を心がけるとともに会社の顔として恥ずかしくない応対をすべく努力しております。
ページトップへ戻る

社内委員会

当社ではより良い会社づくりを目指して、社内委員会活動を実践しております。
委員会活動は社員が主体となり、自らの存在価値を高め、企業価値を向上させるため日々努力しております。

改善・3S・エコ委員会

自らの付加価値を高めるために自らが当事者意識を持ち、取り組んでおります。

資材管理改善委員会

業務効率をより円滑に進めるための改善が業務で最も実感、体感できる活動です。

安全衛生委員会

全社員およびその家族が安心出来る誇りある職場つくりを実現できる活動です。

 

また、弊社では特別ミッションとして、別途プロジェクトチームを立上げ、改善に邁進しております。

QMSプロジェクトチーム

実践的なQMSを構築するため、品質管理GRが主体となり全部署を巻きこんで活動しております。


ページトップへ戻る
Copyright(C)2012 DAIPLA CORPORATION. All Rights Reserved.